内之浦宇宙空間観測所見学 九州の旅8日目-1

車中泊していたくにの松原おおさきにいた猫。

こっちは人慣れしていた。

こっちは警戒心が強い。

注意書き。
道の駅で車中泊してそのまま昼もずっと駐車して連泊するような車が見受けられます。

今日はJAXAの内之浦宇宙空間観測所の見学へ行く。そのために昨日の内に大熊半島まで来ていたのでした。

ここは車が無いとこれない場所ですね。田舎道を走り内之浦宇宙空間観測所へ到着。途中の道路上に見慣れない動物がいた。

入り口で受付してパンフレットを渡されて簡単な説明を受ける。見学者も車で敷地内を移動することができる。もちろん入ることができる場所は限られているけど。敷地内が広いので歩いて移動は無理でしょう。

見学の料金は無料。

今日の写真は全部JPEG撮って出しです。Windowsでデジタル現像していると使いにくい上に遅いので狂いそうになります(もう狂ってるかも)。なのでJpegです。露出も撮影時のそのまま。(2016.04.30の更新でデジタル現像の写真を追加)

パラボラアンテナが宇宙からの電波を拾っています。

危険な電波が出るときもあるようです。

糸川博士の像

KSセンター大地へ移動

ロケットの原寸大模型


ちょーお、巨大なはぁりぼて…っと。

外のロケットに興奮しまくりでした。

宇宙科学資料館の建物。橋を渡って上から入ります。館内は下に降りながら見学し出口は下になります。

宇宙科学資料館を見学して終了。グッズの自動販売機でロケット型のシャープペンシルを購入してしまった。資料館を見学している人は自分一人だった。ゆっくり見学できるのはいいけどなんか寂しい。

宇宙に興味がある方は内之浦宇宙空間観測所の見学はおすすめです。山奥なので車じゃないと行けないけどね。種子島まで行くのは大変だけどここは九州側なので種子島よりは行きやすいでしょう。

さすがに平日なのでこの時間の見学者は私だけでした。

来た道を戻り再び道の駅くにの松原おおさきへ行き昼飯を食べる。車中泊した道の駅にはお金を落とすのが私の仁義です。

明日は屋久島行のフェリーに乗るので近くの道の駅まで移動する。下道を移動すると想定以上に時間がかかる。北海道とは車が流れている速度が違う。北海道が異常なだけですね。

離島は物価が高いのでインスタントラーメンやレトルトカレー、行動食になりそうなものをスーパーで購入。ガソリンは明日フェリーターミナルへ行く途中で給油する予定。

九州は軽自動が多い気がする。道が狭いから軽の方が多いのか。北海道で軽乗っていると事故のときにキャビンまで潰れて即死するから軽は少ないのだよね。
あと前後のホイール間が短いと冬にスピンしやすいので軽はいやなんだな。まぁスピード出しすぎなんだけどね、北海道は。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする