旅の終了(強制終了)

前ふり

旅が終わりました。7月から社員になる会社から連絡があり客が7月からの仕事に関して打ち合わせしたいと言っているので出社セヨと。29日の午後に打ち合わせをすることになった。まだ社員でもないのに。いきなり真っ黒け会社。

昨日と今日の分の写真は後日補完します。取りあえずテキストだけ書きます。写真は補完しました(2016.06.29)。

稚内森林公園の無料キャンプ場で車中泊をした。朝の3時には目が覚めてしまった。朝食を取り今日はどうするのか予定を考える。外は車の車体が揺れるほどの強風で空は鉛色。美瑛は晴れているようなのでこのまま曇りなら美瑛に移動してしまおうかとも考える。

IMG_2572

取りあえずは道の駅へ移動する。稚内の道の駅は駐車場は広いが設備は道の駅として最低限のものしか無い。JR稚内駅におまけで付けたような道の駅だ。北海道の道の駅はおまけで付けたようなとこが多い。まぁ金が無いからしょうが無いけど。

数年前に新しくなったJR稚内駅を見学。前の駅は旅情があったけど新しくなって利便性が上がったかな。JR駅・道の駅(おまけ程度)・長距離バスステーションが一緒になって駅が多目的になった。駅の構内ではサハリン(樺太)の写真展をやっていた。

駅からさらに続く線路跡。かつては港まで続いて樺太への連絡船に物資を運んでいたのだろうか。

IMG_2574

IMG_2575

日本最北端の線路

IMG_2578

ちなみに7年前の稚内駅はこんな感じでした。

tmp5

DSCN2282

宗谷岬へ

少し雲が減ってきたので宗谷岬へ行ってみる。ご存じ最北端の場所。朝の6時ぐらいなのに他に観光客がいた。モニュメント的なものを見るだけの場所だけど色々と考えさせられる。風が強いので寒い。

お馴染み最北端のモニュメント

IMG_2587

間宮林蔵さんの像。

IMG_2588

IMG_2597

宗谷丘陵へ

部分的に青空、部分的に鉛色って感じの空模様だがそのまま宗谷丘陵へ向かう。

宗谷丘陵へ登って行く道を進む。パーキングエリアに車を止めて丘陵を見る。このスケールは道民でもおおでかいと思う。

パノラマだと大きさが伝わるか不安だが…

IMG_2599-Pano

後は「車を走らせては安全に駐車できるとこに止めて歩いて撮影」を繰り返す。風力発電の風車がいい。かなり近づける場所もあって風を切る特有の音が聞こえる。昨日から風力発電LOVEである。曇り空を背景に風力発電の風車(白色)を撮っても今ひとつ色のコントラストがダメ。青空をバックにしないといけない。太陽をモロ入れして撮影してみるも、フレアゴーストが発生する。やっぱりもっとお高いレンズじゃ無いとその辺は抑えられないのか。

IMG_2615

IMG_2632

IMG_2645

IMG_2654

IMG_2660

交通量の少ない道路で早朝なせいか車はほとんど通りません。

IMG_2679

プロペラの向きから反対側から撮っているのですよね、正面側は行けなかった。行くとが出来るのだろうか。

利尻山を撮りながら

利尻山を撮影しつつ札幌方面に移動する。今日中には札幌に戻っておかなければいけない。

夕日ヶ丘パーキングに寄る。利尻山が割と綺麗に見える。自分が撮影したいものの辺りが晴れてくれるのはありがたい。

洋上に浮かぶ富士山だな。

IMG_2695

ちょくちょくパーキングエリア的なとこに停まっては撮るを繰り返す。

IMG_2716

IMG_2725

砂丘の駅にあるレストハウスは閉店している。砂丘を名乗るなら鳥取みたいにラクダは用意しておかないと観光客が来ないぞ。中にある自販機は使える模様。トイレもある。

IMG_2732

オトンルイ風力発電所の風車を撮る。28機の風車がある模様。普通に撮るとオーソドックスな絵にしかならない。三脚立ててNDフィルター付けてスローシャッターで撮るか、夕日で赤く染まった風車を撮るとかやってみようかしら。

IMG_2740

手塩の手前にある川口遺跡風景林に寄ってみる。何これと思っていた施設だが初めて行ってみた。竪穴式住居を再現したものがあった。

IMG_2749

IMG_2755

この辺の海沿いは風力発電のプロペラが多い。

IMG_2766

後はひたすら札幌まで運転して帰る。約370kmぐらい運転して疲れた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする