冬の山撮影

前振り

大雪山近辺の天気がよさそうなので撮影に行く。登山ではありません。

この辺も冬は雪が降っていることが多いからね。雪は山を通しておいしい水になるんだけど。

自分の休みと天気が合うときは機会を逃さずに行きたい場所である。

移動

朝3時に起きて高速で移動。暗いし冬なので贅沢して高速を使った。お陰で日の出に間に合った。この時間帯だと道も空いていていいね。

旭川に近づくと、雪が降っているのかと思ったらダイアモンドダストだった。橋を渡るが川霧で(気温が低いときに川から蒸気が出る現象)前が見えない。札幌ではこれほどの寒さにはならないからなぁ。

旭岳

7時に忠別ダムに着いて日の出の30分ほど撮影。気温-18℃で寒い。道路の端で撮影するので三脚は立てない。

忠別ダムも白くなっている。

湖面は凍結している。

山の向こうから太陽が昇ってくる。

太陽が顔見せした。もっとF値を絞れば良かったか。

そのまま旭岳温泉まで移動する。旭岳のビジターセンター近辺で撮影。

ビジターセンターは9時にならないと開きません。

穏やかな旭岳。

9時のロープウェイ運行開始に合わせてスキーヤーやボーダーがわらわらと集まってくる。欧米人が以外と多かった。登山ぽい人もいた。ロープウェイに乗って姿見の池近辺まで行ってみようかと思ったが上の積雪がわからないし、冬山の装備は無いので止めておく。長靴にプラスチック製のかんじきぐらいしか持ってきてない。なによりロープウェイの料金が結構高いのだ。ビジターセンターで用具の貸し出しもあるらしいけどまだオープンする前の時間だ。

ビジターセンター裏の川付近の木。

天人峡

ちょっと東川町側に戻って天人峡方面へ行く。ここは羽衣の滝に行く道が通行止めになっている、開通の予定も不明。トムラウシ山に登る登山口があるところ。

東川町の道の駅で有機栽培ほうれん草と地物の玄米を購入する。

移動

東川町から美瑛へ移動。道路は圧雪アイスバーン状態。曲がるときは割と滑る。

白金温泉

白金温泉から十勝岳など撮影。白ひげの滝が一部凍結していた。夜はライトアップされる模様。青い池もライトアップされるのかな。自然のものをライトアップするのはいかがな物かと思うが喜ぶ人も多いのでしょう。

観光センターの外トイレ。使える時期でもなるべくなら使いたくないようなトイレだな。

一部凍結している白ひげの滝。ほんとにひげみたい。

凍結してない部分もある。寒いので例の如く湯気が出てます。

十勝岳方面を見る。近づいて見たいが冬は容易には近づけない。道路が通行止めになっている。

美瑛岳方面かな(?)。

移動

夏だとスルッ白金温泉から十勝岳温泉まで行けるが、冬は通行止めになるのでぐるっと上富良野を回って十勝岳温泉まで行く。

十勝岳温泉に到着。15台ぐらい車は止まっているだろうか。意外と入山している。温泉も営業している。スキー技術が高くないとこういった冬山には入れないな。

2016年の6月に来たときとの比較。その1。

2016年の6月に来たときとの比較。その2。

かみふらの八景の看板があるとこから見る。14時ぐらいに撮影しているのでコントラストがはっきりしすぎているがまぁしょうがない。

くっつけてパノラマにした。まぁパノラマにすることを前提に撮影しているのだけど。

あとは中富良野のスタンドで給油して帰路に着く。

帰宅

桂沢ダムを通って帰る。アイスバーンが多かった。ここは冬はあまり走りたくないね。

18時過ぎに帰宅。

疲れたが充実した長い一日であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする