マレーシアへの道 キナバル山登山準備編1

天気

昨日は猛暑、今日は大雨警報が出るほどの雨降り。

気候が東南アジアになってしまった。

夏休みの旅行

今年の夏休みは少し長めに取れるので(サラリーマンの夏休みなので高々知れてるが)海外の山に登ろうということでマレーシアはキナバル山へ行くことにしました。海外登山初心者にはちょうどいいとこらしい。

キナバル山

標高4095mのマレーシアのサバ州にあるマレーシア最高峰です。世界自然遺産に登録されています。

東南アジア最高峰と書いてあるとこも多いけど微妙なところ。地理的にはミャンマー(ビルマ)のカカボラジ山が東南アジア最高峰だと思います。まぁ名山であることには変わりないのでその辺はどうでもいいかな。

キナバル登山の概要

完全管理の山で日本の山のように好き勝手に入山できません。時間になると登山ゲートが閉じられます。キャンプ・ビバークは禁止です。

中腹にある山小屋の宿泊予約が無いと登山許可を出して貰えないので山小屋予約が重要です。少人数ですが日帰り登山で入山許可も出るらしいですが、トレイルランニングのような登り方になると思います。

他にガイドの付随が必須です。これは安全登山のためとお目付役になります。

キナバル登山の為にやったこと

山小屋予約も含めて日本の旅行会社に現地ツアーを申し込みました。キナバル公園での前泊を入れて2泊3日の手配をお願いして予約は完了。

英語が堪能ならば現地の旅行会社に直接依頼すると日本の旅行会社を使うよりは安くなると思います。そこまでの英語力は自分には無いな。

国際線の航空券を手配

ANAで探したが今ひとつしっくりくるものが無い、あまり空席が無い。のでエアアジアで航空券を予約した。エアアジアだと新千歳空港からクアラルンプールまで直行便がある。丁度キャンペーン期間中だったので往復で4万円弱だった。LCCだから預け荷物の料金など別途かかる金額はあるがそれでも往復で6万円しなかった。夏休みの国際線料金としては悪くないだろう。ちなみにANAだと倍額はします。

今後

出発まで準備編を書くつもり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする