中山峠スキー場

スキーに行ってきました

ずいぶん暫く振りにスキーを滑りに行った。

行ったスキー場は中山峠スキー場。初すべりシーズンと春スキーシーズンだけ営業している(真冬は営業していない)というちょっと変わったスキー場である。

まずは中山峠の道の駅まで行く。

道の駅を通過してスキー場への道を進む。国道へは通り抜けできない、スキー場へ行くためだけの道。

到着、平日だから空いている、陸上自衛隊がいた。

動いているリフトは第一リフトのみ、コースはシルバーコース(中級コース)のみのこじんまりとしたスキー場、この時期は他のスキー場も一部のコースしか開放していないので似たようなものだけど。

先日購入して初めて使う靴と板を装着。リフトに乗る。いきなりコースに来てしまったけどスキーの滑り方を忘れている。

多分体が覚えているだろうと考えて滑り出してみるが全然だめ。いきなりすっ転ぶしターンできないし散々な感じでなんとか下まで降りてくる。

2回めからはなんとか滑れるようになったが、技術的なことよりも筋力が足りなくて駄目な感じである。中級コースだけど案外と傾斜がキツイとこがある(最大斜度24°)。

時々雪が降る天気だったけどそのせいか雪はいい感じにあった。ブッシュが出ているとこも無かったし。

そんな感じで6本ぐらい滑ったら飽きてきた。なにせコースが1つしか無いのでだいたい同じとこしか滑れないし。

しかしスノーボーダーは何故コースの真ん中で集団で座り込んでいるのか謎である。馬鹿なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする