スキーワックス GENERAL Joker

生塗ワックス

スキーの滑走面に塗るワックスだけど、自分は GALLIUM社のGENERAL Jokerを使っている。

これはスティック糊のようにクリクリと出して塗り塗りし、付属のフィニッシュマットで伸ばせばおしまいというお手軽なワックスなのだ。自分は別途コルクを用意してそれで伸ばしているけど。

オレンジの匂いが付いているのでそれは好みが分かれるところだが、お手軽なので気に入っている。もちろんホットワックスができるならばそちらの方がいいのはわかっているけど。

内容量は30gで実際にどのぐらいの量があるのか見てみたくなった。でクリクリして全てを出してみたら…

なんだこれっぽっちか

2回使っているので4mmぐらいは減っているけどこれはひどい上げ底ですね。塗りやすくするために容器をでかくしていると言えなくもないが、容器の3割ほどしか入ってない。ワックスが無くなったらこの容器は捨てることになるのでそれも勿体無いし。

やっぱり道具揃えてホットワックスにしたほうが良いのだろうか…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする