札幌50峰を全部人力だけで登るその2-焼山

焼山

西山公園

北海道農業試験場の一部に入っている焼山である。オーソドックスに西山公園から登ってみた。西山公園の駐輪場は前輪をはめ込むラックが無いので自転車は建物の壁に立てかけておいた。ワイヤーロックを回しておくようなものも無いのでフレームとタイヤに通しただけである。自転車の防犯は良くないな。

焼山までのルートが良くわかっていなけどひたすら自然歩道を奥へ奥へ進んでけばいいらしいのでその通り進む。

西山公園の案内図

水源池

水源池を通り湿地帯の木道をずっと進んでいく。バズーカみたいな望遠レンズを持った人たちがいたが鳥でも撮影しているのだろうか。

西山公園の外れままで来てさらに奥へ行く。

焼山まで

西山公園の外へ出ても木道があるので多少は整備されている。ただし木道は傷んでいて乗るとたわむ。気をつけないと木道から落ちてしまうかも。

途中に案内図があって(写真撮り忘れた)それを通過し山部川分岐点の標識がある少し先に焼山方面の標識が見えた。ここまで来て初めて焼山が登場した。何箇所か分岐点があるのでちゃんと地図を持ったほうがいいだろう。あとは所々に焼山の方向を示す標識が出てくるのでそれに従っていけばいい。

山頂は北海道農業試験場の敷地内に入っている感じだ。

山部川分岐点の標識。分岐が多いので間違わないように。

焼山を示すものを初めて目にしてすこしホッとした。

標識従っていけばたどり着く。

木に付いていた山頂標識。

立入禁止看板と有刺鉄線が押しやられていた。

すぐ近くに白旗山があるのだがそちらは登らず。我ながら計画性が無い。あまりの計画性の無さに本誌記者もビックリ。

白旗山はまた来るときでいいかな。割と近いし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする