ゾンメルスキーでクロスカントリーをやってみた

クロスカントリースキー

先週に秀岳荘で買ったゾンメルスキーを使ってクロスカントリースキーをやってみる。真駒内公園にクロスカントリーのコースがあるのでそこまでスキーを持って行ってクロスカントリースキーデビューである。

目的はスキーに慣れること、クロスカントリー自体が目的じゃないよ。

スキーを装着してみる

ビンディングの長さは自宅で調整してきたので靴をベルトで締めるだけ。靴はミドルカットの登山靴によく似た防寒靴(モンベル製)である。ベルトは二箇所あって足首近辺と靴先にある。靴先のベルトは長さがギリギリである。これよりも厚みがある靴だとロングベルトじゃないと付けられないかもしれない。

ストックはトレッキングポールにスノーバスケットを付けた。それにザックにカメラを入れて背負う。ウェアは登山のものを使う。

恐る恐る歩いてみる

アルペンスキーはできるけどクロスカントリーは初めてで恐る恐る歩いてみる。以外と普通に滑っていける。コースを半周したぐらいでだいぶ要領がわかってきて一歩で進む距離を長くすることができるようになった。

下りを滑るときは安定性があまりないので難しい。

冬の真駒内公園

クロスカントリーの溝、僕のスキーだと幅が広いので溝ギリギリだ。

せっかくなので新雪の上を歩いてみる。このスキーの本来の使い方だね。多少は沈むけど漕いで行ける、スノーシューとかのかんじき系のもの使うよりも楽でしょう。

正規のコースじゃないけど勝手コースができてます。

この辺で一回ド派手にすっ転びました。ころんだのはこの一回だけ。

ゾンメルスキーでクロスカントリーやってみて

靴を固定している前のベルトが足に食い込んできて少し痛い。踵があまり上がらないな、足首をベルト固定しているのでこれは仕方がないけど。その分、板との一体感はいいけど。

滑るには向いてないね、ゲレンデを滑るとかはやめたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする