ゴローの登山靴がやってきた

どうでもいい前書

いきなりドアを激しくノックする音が聞こえたので「何事か借金滞納してないぞ」と思いながらのぞき窓から見たらヤマト運輸が居た。なぜインターフォンを鳴らさないのかはわからないいがそこには荷物を持ったヤマト運輸の配達員がいたのでドアを開ける。年齢60歳ぐらいのじーさん配達員が何も言わずに立っていた。普通は「ヤマト運輸です」「荷物をお届けに来ました」とかは言うと思うんだよね、でも無言。仕方がないので伝票にシャチハタ押して荷物を受け取る。運送業界の人手不足も深刻なんだなと思いました。

気を取り直して靴の話

概要的なこと

去年の12月末に東京は巣鴨まで行ってgoroで登山靴を注文していた。↓

ゴローへ行って登山靴を買う
東京日帰り弾丸旅行 貯まっていたANAのマイレージを使って東京へ日帰りで行ってきました。目的はゴローの登山靴を買うためです。 ゴローの登...

その靴が出来上がって今日届いたのである。予定だと23日完成予定だから少し早く届いた。まだ先だと思っていたのでソールとブラシは用意してないぞ。なので履き始めの義は後日にしてまずは出来上がりの確認をする。ちなみに納期は3ヶ月だった。

注文していたものはブーティエルの濃い茶色で27cmの細タイプ、カスタマイズで甲をカットしている。

出来上がり品

靴をしげしげと眺めてニタニタする。俺キモい。

これが届いた靴。標準だと薄茶色だけど自分は濃い茶色を選択した。単なる好みだ。靴紐も同色。

左靴の左側。goroのロゴが入っている。

左靴の右側。

ソール、新品なので汚れなし、これから使うたびに擦り減っていく。

かかと

靴とソールの接着部分

カスタマイズで甲カットしている。

靴紐を外して履いてみる。3ヶ月前に店で履いたときと同じ感覚だ。ぴったりと合って少しきつい感じもするが革が伸びてちょうど良くなるはずである。

ソールもいいものを買う予定。靴がいいのにソールをけちってはいけない。ホシノのB+LDかシダスのウォークプラスあたりかな。

靴を作ったときの俺の足↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする