世の中ミラーレス側にシフトしてきた

CP+2018が終わって

今年は行かなかったCP+2018が終わって思うに、だんだんとミラーレスになっていくのだなと思う。律儀にレフ機を作っているメーカーはニコン、キヤノン、ペンタックスぐらいなものでいつの間にかミラーレスが多くなってきた。キヤノンもミラーレスのCMに力入れてるし。

自分はソニーのα7IIIには魅力を感じていて、EOS6DMarkII とα7IIIのどちからを選択するならα7IIIを選ぶ。レンズはマウントアダプターを使ってキヤノンEFレンズを使うのがいい。シグマのマウントアダプターMC11はシグマ製のEFマウントレンズをソニーαボディで使うためのマウンターだけど、キヤノンEFレンズもそれなりに動作する模様。これでソニーαボディ+キヤノンEFレンズという使い方ができそう。そのうちにキヤノンからもフルサイズミラーレスが出てくるのではないかと思いけど、いつになるかわからんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする