山スキー購入

結構悩んだ

山スキーを購入するにあたってどの種類のスキーを買うか悩んだ。悩みの候補は以下。

  • ヒールフリーのビンディングを付けたアルペンスキー
  • テレマークスキー
  • エッジが付いたクロスカントリースキー(いわゆるBCクロカン)
  • 歩き用のスキー

滑るためのスキーはいらないかなと思い上の2つは候補から外した。滑るためのスキーは本格的なバックカントリースキーをやるときになったら別途購入すればいい。

という感じで店に行くまで下の2つを候補にして実物を見てみた。

秀岳荘の白石店

山のスキーは山屋へ行こう、ということでスキーも扱っている山道具屋へ行く。

北大店よりもこっちのほうが行きやすいのだ。

店でエッジが付いたクロスカントリースキーを見てみたけど、細くて長いそして安定しなさそうなのでヤメル。歩き用のスキーは何種類かあってその中で長いものを選択した。

購入したものは秀岳荘オリジナルの

ゾンメルスキー アザラシシール張り

にした。スキーサイズは154cm幅11cmである。Xトレースのビンディング付きで、靴は防寒靴や登山靴を使う。板にビンディング付きで72,000円だった。余計な穴が開いているらしく値引きした価格だった。

ストックはトレッキングポールにスノーバスケットを付けたものを使う。

スキーではあるがアザラシのシールが固定されているので歩き用の道具である。エッジもあるけどあまり曲がらない、止まらないらしい。まぁその辺は実際に使ってみればわかること。

使い方を教えてもらい購入して車で持ち帰った。登山靴が使えるビンディングなので残雪期の登山にスキーを持っていけば下りは滑って下山できるね。

帰ってきてじっくり見てみる

立てかけてみた。以外と重い。

ビンディング、閉じている状態。

開いた状態、長さは針金みたいなものを持ち上げて調整することができる。

ヒールフリーで直角まで上がります、こうなると足が折れるけど。ターンはテレマークターンすればいいのかな(できないけど)。

裏のシール、張り替えることができます。10年ぐらいはもつらしい。

テールまでびっしりとシールが着いてます。

来週はこれもってどっかで練習しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする